薄毛でももう悩まない!!パーマがかかりにくい人の対処法

薄毛にパーマは大丈夫?

パーマをかけてもすぐ取れてしまって困っていませんか?私もパーマがかかりにくい髪質です。
髪が細かったりやわらかかったりするとパーマがかかりにくいそうです。要するに私の髪質は猫っ毛なんだそうです。ある程度コシのある髪でないとパーマ向きではないようです。コシの出るシャンプーを買った方がいいのでしょうか。
パーマがかかりにくい髪質の人は、2回かけると長持ちしやすいですよ。これは知人からのアドバイスです。実際私もパーマをかけるときは約2週間の感覚を空けて2回かけてもらっています。
私の場合1回かけただけでは1ヶ月ともたずに元に戻ってしまうのですが、2回かけると施術から2ヶ月ちょっと形状がキープされます。この前パーマをかけに行ったときは、美容室のスタッフさんからパーマをより長持ちさせる方法も教えてもらいました。
手軽にできるケアとしてはシャンプー後のドライヤーの工夫。髪を指でクルクルっと巻いて、そのクルクルを作ったまま巻きつけた指を抜き、クルクルした髪を手で軽くにぎります。
にぎった手のすき間からドライヤーの風を当ててかわかすと、パーマが長持ちしやすいとのことでした。さっそく毎日そのやり方でかわかしています。
また、やってはいけないのが毛先にただドライヤーの風を当てること。これはパーマをかけていない人にも「髪がかわきづらい」という理由で推奨されていませんが、パーマをかけている人が手ぐしで毛先をほぐしながらドライヤーを当てると、パーマがすぐ落ちてしまうそうです。
これには心当たりがあるのでドキッとしました。私のパーマが落ちやすいのはドライヤーのかけ方にも問題があったからかもしれません。ドライヤーは必ず髪の根元に当てた方がいいです。
加えてもし時間があったら、コテやホットカーラーで自分で髪を巻くようにもアドバイスされました。「コテを使う手間が省けるからパーマをかけたのに…」と思いましたが。自分でも髪を時々巻いた方がよりパーマを長持ちさせることができるそうです。
パーマがすぐ落ちてしまう人は、こうしたドライヤーやセルフカールをトライしてみてはいかがでしょうか。私も先日1回目のパーマをかけましたが、1週間がたとうとしている現在これまでのパーマ1週間目よりもパーマの形状がキープされている気がします。「もしかしたら2回目のパーマいらないぐらいじゃないか」とも思っています。一応心配なので次回の予約も入れましたが、様子を見てみます。

体と共に髪の毛も老化してハリが失われていきます

髪の毛は年齢と共に劣化していく

肌と同じように、髪の毛も年齢と共にハリを失っていきます。
私も最近になって、髪の毛の変化を感じるようになりました。
昔はもっと毛の量が多く、一本一本にコシがありました。
それにブラシでとかしても、それほど髪の毛が抜けることはなかったんです。

でも今は…ブラシでとかせば数本は毛が抜けてしまうような状態。
髪の毛のハリやコシがなくなってしまっただけでなく、地肌まで弱くなってしまいました。
昔は髪の毛の量が多すぎて、ジャマで仕方なく美容院で梳いてもらっていたんです。
でも今では梳くほどの毛量がなく、あまりの髪の毛のボリュームのなさに落胆してしまうほど。

それからもう一つ、髪の毛で不安なことがあるんですよね。
それは白髪です。
私の年齢だとまだ白髪は出てこないと思うのですが、でも早い人だと20代で生えてくる人もいるそうですね。
なので油断はできません。

私は生活が不規則ですし、ホルモンバランスも良くないので普通の人よりは老化が早いと思います。
ということはそろそろ白髪が出てきてもおかしくないということですよね。
ものすごく面倒くさがりな私は、髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていません。
一度染めると生え際を染め続けなければならないので、手間もかかるし面倒なんです。

なので20代後半になってからは、髪の毛を一切染めなくなりました。
美容院代も節約できますし一石二鳥なのですが、白髪が生えてきてしまったら放置はできません。
特に黒髪だと白髪が余計に目立ちますからね。
もし白髪が生えてきたら、定期的に染めて髪の毛のケアをしないといけません。

面倒くさがりな私にとって、このようなケアは非常におっくうです。
なんとなく髪に良さそうな海藻類を多めに食べたりしているのですが、あまり意味がないみたいですね。
それよりもいろいろな食品をバランスよく食べた方が、髪にも地肌にも良いみたいです。

とある番組では、髪の毛に良い食品は海藻ではなく卵だと紹介していました。
卵にはたんぱく質もミネラルもビタミンもバランスよく含まれているので、健康な髪の毛を生やすことができるのだそうです。
ただ、コレステロールも多いので食べ過ぎはNGですけどね。

とにかく白髪が生えないように、今からでも生活習慣を整えて、できるだけ髪の毛のセルフケアを行おうと思います。
いつまでも白髪のない美しい黒髪って、やっぱり憧れますもんね。
でも美容院に行くと時間もお金もかかるので、できるだけ自宅で自分でケアをしたいと思っています。

パックリ分かれる髪の分け目!薄毛だと髪の毛のアレンジもきかない

髪の毛のアレンジがきかない薄毛はつらい

薄毛だとどうしても髪の毛のアレンジはききません。

髪の毛のアレンジというのはとっても楽しいもので、
自分に似合うヘアスタイルならば色々と試してみたいと思ってしまいますよね。

ヘアカタログを見ると、似合う人の顔の輪郭や髪質、毛量などが参考に載ってあって
大概のヘアスタイルは卵型の輪郭の人であれば似合うようになっています。
エラの張ったベース型や面長の輪郭の人は似合うヘアスタイルに限りがあるような気がして、
いつも卵型の輪郭の人を羨ましく思います。

というのも私自身は面長の輪郭をしているのです。
ですから、可愛らしく若々しいヘアスタイルにしたいと思っても
モデルさんのようには仕上がりません。

例えばショートカットにしようと思っても、
卵型の人であればどんなに短くても前髪を作っても前髪を流しても似合うようになっていますが
私のような面長の人がショートカットにしてしまうととたんに顔の長さが強調されてしまって
可愛らしくなるどころか、反対に大人っぽい落ち着いた印象でかっこいい感じに仕上がってしまうのです。
大人っぽいというと聞こえは良いですが、
簡単に言ってしまえば老けて見えてしまうのです。

そんな訳で美容室へ行ってヘアスタイルを変えようと思ってもなかなか新しいヘアスタイルに踏み込む事が出来ません。
以前、面長の人はパーマをかけて前髪を作ると顔の長さが気にならなくなりますよ、
と美容師さんに言われたのですが
パーマをかける際にそれまで気にしていなかった髪の分け目が問題になりました。

どうやら私は長年髪を長くしていたのですが、
その間ずっと同じところで頭頂部の髪の毛を分けていたのです。
その分け目の部分がパックリと開いてしまって、いくらパーマをかけてクセを無くそうとしても
なかなか分け目部分のクセが消えなかったのです。

せっかく面長でも似合うようなパーマスタイルにチャレンジしたというのに
今度は髪の分け目問題が発生してしまいました。
解決案として分け目の所をジグザグに取りつつパーマをかけるといった方法をとったのですが
仕上がりはというとジグザグの分け目のまま残ってしまいました。

髪の毛質が柔らかい猫っ毛であれば分け目が残ってしまうことも少ないと思います。
ですが、私の場合髪の毛を洗った直後でもパックリと分かれてしまうほどのクセがあって、
その上髪の量が多いので髪の毛にドライヤーをあてるのも、その後セットをするのにも時間がかかって仕方ありません。

出来れば小顔の卵型で猫っ毛というのが理想的なのですが、
髪質を変えるシャンプーやヘアトリートメントでも劇的に効果がみられるものってなかなかないんですよね。

自分自身はもうこの先髪質が変わる事は無いと思っているので
せめて自分の子供だけは可愛らしいヘアスタイルが似合うような髪質のまま育って欲しいと思っています。